前へ
次へ

どんな求人があるかではなく自分にできることを考える

就職は生活を維持して社会に貢献するという目標のため、とても大事なものです。
一般的にも学生時代に比べて仕事をしている時間の方が遥かに長いので、どれだけ重要度があるのかは一目瞭然です。
学生から就職する場合は経験が乏しいので、自分に適合している仕事を探すのは難しいでしょう。
しかし、社会人経験があって仕事の内容についてもある程度の知識が備われば、転職する際には求人の内容だけを見るのではなく、自分ができるのかどうかで判断しなければいけません。
仕事はやってみなければわからないという考え方もありますが、現在は未経験で一から教育するという現場は少数であり、ほとんどが仕様だけ教えて後は今までの経験の応用で行ってもらうことを求めている企業が多くなっています。
そのため転職の求人でよく目にするのは「即戦力」であり、これはすぐに一人前で何でもできるという意味ではなく、短時間で戦力になれるかどうかと言うことです。
求人だけを見て自分の能力以上の仕事を選択し、結局はできないために短期で離職すれば会社も自分にもメリットがありません。
まずは自分の実力をしっかりと見極め、そこから対応できる求人を見つけるのがいい方法と言えます。

Page Top